鮨TO創作和食 馳走裕や 栃木県鹿沼市東末広町1940

TOP > ご宴会・お食事会

季節ごとに素材の良さを活かしながら、皆様のご予算・目的に合わせたコースをご用意致しております。

宴会コースのご案内

お料理

お料理は旬の食材をふんだんに使った「こだわりの和食」を、また、お食事は築地直送素材使用の「本格江戸前鮨」をお召し上がりくださいませ。

お飲み物

全国各地の日本酒、焼酎も“馳走裕や”ならではの品揃えでリーズナブルにお楽しみいただけます。

お料理・お酒のページをご覧ください・

料金

お料理は、4,000円、5,000円、6,000円、8,000円、10,000円の5つのコースをご用意させて頂いております。

※お飲み物は別料金となります。

お一人様5,000円コースの場合
5000円コース

※季節ごとに旬魚を取り入れたプランもございます。
(ふぐ・あんこう・すっぽん・はも・うなぎ等)

※御料理の内容は季節により異なります。

  • 10名様以上のご予約の場合、大変便利な無料送迎バスをご用意致しております。
  • 季節ごとに旬魚を取り入れたコースもございます。(ふぐ、あんこう、すっぽん、はも、うなぎ等)
  • お部屋は木の温もりある「数寄屋風個室」、足元を楽にして頂ける「イス、テーブル席」など、人数・目的に合わせてご用意させて頂きます。 店舗案内のページをご覧ください。
  • お料理の料金、内容等、お問い合わせ・ご相談はお気軽にお電話ください。

お祝い事いろいろ

お食い初め

平安時代から、子供が一生食べ物に困らないようにと願い赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式(マネ)

生後100日目に行うのが一般的で、最近では両親や祖父母だけで行われることが多いようです。膳の内容は一汁三菜が基本。

1.鯛などの尾頭付きの焼き魚 2.すまし汁 3.煮物 4.香の物 5.赤飯・白飯

お七夜

命名披露のお祝い。退院祝いも兼ねている。初めに命名式を行いそれから祝宴を行う。お祝い膳として一般的なものは赤飯や尾頭付きの魚など。現在は両家の祖父母など、ごく内輪で行うのが一般的。

初節句

初節句は盛大のお祝いを!子供が生まれて初めて迎える節句のことで女子には3月3日、男子には5月5日であり、雛人形や武者人形などが贈られ平安時代から盛大にお祝いされてきた。

結納・顔合わせ

婚約の形式は年々簡略化されている傾向。両親の顔合わせを「婚約」と考え、結納は省略するスタイルが主流になている。両家の両親と二人の計6人で行うケースが最も多く、会食を中心とし形式よりも両家の親睦を深めることを重視する傾向が強く、仲人を立てないスタイルが一般的。二人が費用を負担し、両親を招待するケースも珍しくない。

Copyright (C) 2007 Hirozushikaikan. All Rights Reserved.